株式会社小田島組 株式会社小田島組

ハローオーツー ハローオーツー
採用情報はこちら

首都圏に負けない
働き方や給与

Blog
ブログ

オダピン社長ブログ

2022.07.04やるぞ!!38期スタート!!!

7月1日から、当社の38期が始まりました。まずは、創業者の墓参りに行き感謝と覚悟を伝えてきました。
そして、経営計画書への押印です。過去最高の400冊。
その重みは、ハンコを伝わって私の手に「痛み」として残りました。
#みなさんよろしくお願いします
37期は、実にたくさんの失敗をしました。私が社長になって「よくもまあこんなにたくさん、それもこんな時期に」
と言う感じです。過去最高に厳しい状況です。季節でいえば「真冬」ですかね。
それも、吹雪で視界が真っ暗になりかけている感じです。
時刻はもちろん、真夜中の丑三つ時(午前2:00〜2:30)でも、朝が来ない夜はない。
あと数時間で、太陽が昇るんです。冬の時期は、使用エネルギーを最小限にして、
土の中でひっそりといろいろなエネルギーを貯めています。
春になったら、芽吹いて、夏に咲き誇り秋に収穫するために。これが、今やるべきことだと思っています。
当社の新サービスのカエレルは、爆発する可能性が出てきました。でも、まだ土の中でしっかりと根を張る必要があります。
今、外に出たら枯れてしまうのでその時を待ちます。また、セミナー事業も大きく拡充します。
これは、社長勉強会として約2000回の実績がベースです。
根を張ると言う意味では、15年以上をかけてじっくりと醸成されています。
#1000回出席した社員がいます
#1から1000までだって数えられないのに
そして、上記の活動を支えているのが本業である「土木工事」です。最近は、若い女性だけで現場を仕上げることも増えてきました。
本当に彼女たちの頑張りには頭が下がる。
#もちろん男性も頑張っている
#その分だけ失敗も多いクレームも多い
#もうそこは有名税みたいなもの
他の建設会社の人が聞いたら信じられないでしょうが、当社には20代の除雪オペレーターが男性2人、
女性2人がいてそこに今年から22歳の男性2人が加わる予定です。
#除雪って過酷なんです
#真夜中から朝までは当たり前
施工管理でも、不具合がいっぱい出てきている。でも、その不具合は「直せば筋肉」になることがわかっているので、
痛みを堪えつつ改善します。でも、確かに「かなり痛い」です。翌日の筋肉痛も激痛です。
しかし、それでも「生きている限り」絶対に治ります。いや、治します。
38期の経営計画書には、これらの失敗を筋肉に変える方針でいっぱいです。
社員の皆さんと共に、絶対に良い会社にする。社員の顔を一人ひとり思い浮かべながら、誓いました。
みんな、やるぞ!!