株式会社小田島組 株式会社小田島組

採用情報はこちら

首都圏に負けない
働き方や給与

Blog
ブログ

オダピン社長ブログ

2021.06.172021.06.17【人事異動】

当社の大きな人事異動は、通常は7月の経営計画発表会の後に行うのですが、

今回はその前に行いました。

新しい方針を聞く→新しい体制になる、

を逆にして新しい体制にして→新しい方針を聞く、にしました。

今回は、昨年発足したデータドリブンを2つに分けました。

プログラミングをする部門と、ネットマーケティングの部門です。

プログラミング部門は、データドリブンの名称を引き継ぎ、

カエレルの下に配置します。

つまり、他社の書類作成支援を通じて、「

それが新しい商品」になるのでは、という読みです。

当社が必要な自動化は、他の建設会社も必要だろう、

ということですね。

#ここが生産性アップのポイント

そして、ネットマーケティングはブランディング部に入れて、

今までのSNSやYouTube、HPの管理などネットに関することを統一します。

ここで、数字をウォッチする仕組みを作りたいと思います。

現在もだいぶ形になりつつあります。

また、総務にあった採用部門もブランディングに入れます。

まあ、採用そのものがブランディングなので、

当然といえば当然ですね。

採用では、来期にさらにぶっちぎるべく、

新しい手段を構築中です。他県にも手を伸ばします。

#来期は30人を採用だ

また、トレーニングセンター、通称トレセン業務を

ブランディング部から工務部に移管します。

受講対象も教習する人も工務部がほとんどなので、

部内で運営して円滑な方法を考えます。

さらに工務部では社内資産の活用を重点強化します。

今期も重機を大量に購入したため、ちょっとしたレンタル屋さんぐらいになりました。

ここをうまく運営すれば、小さな建設会社と同じぐらいの利益が見込めます。

#安定利益でこれはでかい

また、工務部門の評価に関しても新しい課題が生まれました。

色々な環境が変化するのですから、評価も変わることが正しいんですよね。

働き方も変えていきます。

さらに生産性を高めるための取り組みをします。

来年の新入社員は、他の会社の社員より100万円ぐらい収入が高い状態にするつもりです。

#興味がある人は聞いて下さい

#現在実験中です

若者の働き方だけではなく、定年後の働き方にもさらに意欲的に取り組みます。

実は、定年後に当社で働きたい、という人が入社してくれました。

そういう人たちも戦力になることで、働き方の魅力、を増やしていきたいと思います。

#今年は60歳で入社した人がいます

#さらに65歳で入社した人もいます

ワクワクドキドキできる環境を、子供達に残したい!これが私の願いです。

この閉塞感を打ち破る働き方で、地域の魅力の一つになり、

それが大きなうねりになると良いな。