株式会社小田島組 株式会社小田島組

採用情報はこちら

首都圏に負けない
働き方や給与

Blog
ブログ

オダピン社長ブログ

2021.09.292021.09.29【不思議な体験】

今日は、朝から新幹線に乗っての移動でした。いつもの通りグリーン車に乗ります。一時は、1両に1人だけなんてこともありましたが、最近は少しづつ増えてきているようです。
#早くみんな気兼ねなく移動できると良いね

さて、いつものルーティーンという訳ではないのですが、コーヒを買って飲んでいました。そして、iPadに向かい仕事です。そう言う時に、私はマスクを外しています。トイレに行くときは、マスクをつけます。
#そもそも話をしないのにマスクをつける理由がわからない
#ワクチンは8月上旬に2回目を打った

さる、初老(に見えた)方が、私のところまで来て何やら言っています。よく聞いてみると
「マスクをつけなさい」

「iPadでの作業も禁止されてるでしょ」→これは私の聞き間違いだったと思います。そう聞こえた気がした、ぐらいです。

まあ、マスクをつけなさい、ということですね。てっきり、新幹線の中でマスク着用をお願い、と言うのは移動中のことだと思っていました。1人の席で座っていて、「マスクをつけて」と言われるとは思っていなかった。まあ、その人は「マスクをつけない人や風潮」に不安を感じているんだと思います。自分自身も移動をする中で、「みんな気をつけて移動しよう」と言う思いからの注意だったんでしょうね。

この方の思いは理解できます。JRからとか国からとかの要請、とかに厳密に対応する人がいます。この方もそうですよね。それはそれで、良いと思います。だからこそ、そういう注意は「具体的」で「効果があると思われる」ことでないといけないと思います。今回の例で言うなら
「移動中はマスクを着用して下さい」
でいいのでは、と思いますが。

と、ここまで書いてさらにその人になりきって考えてみました。
#憑依する

なるほど、私が1人で座席に座っていても、私が感染者ならもしかして座席とかにウイルスを残すかもしれない。だからこそ、新幹線の車内はどこにいても「マスク着用」か。

なるほど、なるほど。

でも、その論で行くなら社内の売り子も禁止ですよね。
#さっき横を通った

まあ、でもこんな議論は不毛ですね。
こんなことをしなくて済むように、コロナの一定の終息を願います。