お取引先様へ お問い合わせ
採用情報はこちら 小田島組が大切にしていること

会社案内

社長ご挨拶

昭和45年に先代・小田島敏夫が創業して以来、小田島組は一歩一歩、成長・発展を遂げて参りました。
これもひとえにお客様や地域の皆様の多大なるご理解とご協力があったからこそと深く感謝申し上げます。
社会・経済状況が劇的に変化する昨今、弊社に課せられた使命は、その変化に即応しつつ、社員とお客様の物心両面の豊かさを追求していくことだと考えております。
これを達成するために個人の能力の高さよりも全員の価値観の共有を重視し、業務品質の向上とチームワークの深化をはかって、ご満足いただける仕事実現と社員育成をますます推進して参ります。
全社一丸となって目指すのは岩手ナンバーワンの土木建設会社。どんなライバルにも勝る仕事をさせていただくことはもちろん、岩手復興のフロントランナーとして地域貢献にも力を尽くしていく所存です。

代表取締役 小田島 直樹

経営理念・経営方針

PHILOSOPHY経営理念

社員満足とお客様満足を両輪として、物心両面の豊かさを追求し、人間として成長することにより、社会に貢献する

健全で活力ある職場環境をつくることで、社員全員がやりがいをもって仕事に取り組めるようにする。
さらに、それによって、お客様の心をみたし期待をこえる仕事を提供しつづける。
このふたつをつねに追求・実践していくことで、人間としてますます成長し豊かな社会づくりに貢献していきます。

POLICY経営方針

わたしたち小田島組は、社員全員とお客様のよりよいいまとこれからのため、次の4つの経営方針にのっとって、日々、活動をつづけています。

  • 私たちは、社員とその家族の幸福を願い夢の持てる会社でありたい。
  • 私たちは、お客様の期待をこえる仕事、サービスを追求し、お客様から強く必要とされる会社でありたい。
  • 私たちは、変化を恐れず革新を続ける。
  • 私たちは、一人一人が自分の会社という意識を持ち、公正な評価、健全な経営を行う。

シンボルマーク

VISUAL IDENTITYマークに込めた想い

創業者・小田島敏夫の「敏」の一字をモチーフに、上部には社員を愛し挑戦しつづけてきた先代の姿勢と、「communication」「challenge」の頭文字を、下部には過去から未来へのつながりとハートマークを表現。
あらゆる人との結びつきを大切にしながら、既成概念にとらわれない業務をおこない、順風満帆にすすんでいく小田島組の未来を可視化しています。

CHARACTER小田島組キャラクター 誕生秘話

小田島組のキャラクター「たまごピン」は、創業者・小田島敏夫とその弟・則夫が、幼少期、ひとつのタマゴをわけあったというエピソードから生まれました。
喜びや苦労という大切なものを家族や社員という大切なひとと共有するという普遍的な精神を表現するとともに、「T」の頭文字をつかって全体のシルエットをピンのようにすることで地図に刻む仕事をしているということを表現しています。

創業者・小田島敏夫

小田島敏夫は小田島家の長男として岩手県北上市和賀町に誕生しました。中学校卒業と同時に地元の建設会社に就職後、自分を頼るたくさんの従業員の想いにこたえたいと小田島組を設立します。昼夜を問わず、ときには危険を顧みず、誰よりも懸命に働き、一代で小田島組を岩手有数の建設会社に。その人柄は責任感が強く堅実で温厚。家族以上に社員を気にかけ、社員のおかげで自分があるとつねに肝に銘じ、誰からも慕われ頼られていました。

会社概要

社名 株式会社 小田島組
所在地 株式会社小田島組 本社/〒024-0332 岩手県北上市和賀町竪川目1-33-137
小田島組 サテライトオフィス/〒028-0114 岩手県花巻市東和町土沢8区6
TEL.0197-72-2176 FAX.0197-72-2190(共通)
代表取締役 小田島 直樹
創業 昭和45年9月
設立 昭和60年12月
資本金 2,300万
社員数 93名(グループ全体)(2017.6)
売上高 32億円(2017.6)
事業内容 ■公共事業(道路改良工事、舗装工事、防潮堤工事、法面工事)
 ・現場:北上市、花巻市、奥州市、一関市
 ・復興事業:釜石市、大船渡市、陸前高田市
■IT関連事業
 (位置情報とIT技術を組み合わせたソリューション(課題解決)サービスの提供)
有資格者数 1級土木施工管理技士 29名
2級土木施工管理技士 26名
1級舗装施工管理技士 4名
2級舗装施工管理技士 4名
1級建設機械施工技士 4名
2級建設機械施工技士 5名
1級建築施工管理技士 2名
コンクリート技士 1名
下水道第二種技術検定 1名
測量士 2名
測量士補 3名
(2017年6月現在)
小田島組グループ 本社(岩手県北上市)
奥州小田島組(岩手県奥州市江刺区)
奥州小田島組 花巻支店(岩手県花巻市東和町土沢)
モットー スコップとパソコンを使える社員の育成と、顧客満足を第一とした仕事を行うこと!
勤務時間 8:00~17:20 実働7時間50分
4週6休制。5月連休、夏期休暇、年末年始休暇(会社規定変形カレンダーによる)
年間総休日数 100日
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回
定年 60歳

沿革・受賞履歴

昭和45年9月 小田島敏夫氏により小田島組を創業
昭和60年12月 組織を法人化して有限会社小田島組と改める
平成4年9月 株式会社小田島組と改める
平成18年 経済産業省 IT経営最優秀賞 受賞
平成19年 国土交通省 SAFETY優良現場代理人 受賞 - 平泉地区環境整備工事(一関地区)
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 大荒沢川筋川舟地区通常砂防堰堤工事(北上地区)
平成20年 岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 大荒沢川筋川舟地区通常砂防堰堤工事(北上地区)
平成21年 北上市 地域貢献活動認定企業 受賞
平成22年 国土交通省 SAFETY優良現場代理人 受賞 - 主要地方道久慈岩泉線龍泉洞の2地区道路改良工事(宮古地区)
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - ため池等整備事業和賀西部1期地区第2号工事(北上地区)
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 一般国道282号相沢地区道路改良工事(盛岡地区)
平成23年 国土交通省 SAFETY優良現場代理人 受賞 - 普通河川磐井川筋板川の2地区砂防堰堤築造工事(一関地区)
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 普通河川磐井川筋板川の2地区砂防堰堤築造工事(一関地区)
平成24年 岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 経営体育成基盤整備事業和賀中部第四地区第1号工事
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 一般国道284号真滝地区(その3)道路舗装工事
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 経営体育成基盤整備事業日形地区第3号工事
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 一般県道長坂束稲前沢線沼尻地区地区道路災害復旧(23災230号)工事
平成25年 岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 主要地方道盛岡横手線八ツ又地区道路改良工事
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 経営体育成基盤整備事業和賀中部第四地区第8号工事
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 主要地方道大船渡広田陸前高田線雲南地区道路災害復旧(23災646号)工事
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 市道津谷川線苅萱地区道路改良(2工区)工事
国土交通省 SAFETY優良現場代理人 受賞 - 主要地方道盛岡横手線八ツ又地区道路改良工事
平成26年 岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 経営体育成基盤整備事業都鳥3期地区第6号工事
岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 経営体育成基盤整備事業和賀中部第四地区第11号工事
平成28年 岩手県 優良県営建設工事 受賞 - 一般国道107号杉名畑地区道路災害復旧(応急)工事

私たちのとりくみ

日々、仕事をおこなううえで、わたしたちが大切にしているのは価値観の共有。
組織、個人、コミュニケーションの3つをテーマにしたさまざまな活動に取り組み、社員全員の目線と足並みを揃えていくことで、会社全体に組織力や団結力を生みだし、より大きな社員満足ひいてはお客様満足につなげていきます。

  • 組織の取り組み
  • 個人の取り組み
  • コミュニケーションの取り組み
  • 伸ばし育てる会社であるために

    小田島組が組織として取り組む活動は、価値観の共有や業務品質の向上を手厚くサポートし、社員ひとりひとりの能力をしっかりとひきあげることが目的。全員が”稼げる腕”をもてるようになれば、おのずと会社も”稼げる術”をもてるようになるのです。

    経営計画書

    小田島組の今期の経営計画および経営方針が明記してあります。
    その一言一句をしっかりと覚えこむことで、社員全員の意識が統一されるとともに上司から部下への指導も統一されます。
    なお、経営計画および経営方針は、お客様からお褒めいただいたこと、お叱りいただいたことをもとに、社長自ら内容を毎年改訂しています。

    見える化

    スケジュール、To Doリスト、技術者評価などを、各種文書に表示したり壁に掲示しています。これらは、図、表、写真もつかいながら、つねにわかりやすく、ときにユニークに表現。
    社員や業務に関わる様々な情報を目で見て確認できるようにすることで、モチベーションの向上や業務の迅速化・効率化をはかっています。

    社員研修

    オリジナルプログラムをつかった社内研修のほか、コンサルティング実践塾に参加する外部研修をおこなっています。
    研修を受けられる機会は社員全員に平等にあることはもちろん、ひとりひとりのスキルにあわせてレベルアップがはかれ、その人とその家族に幸せをもたらす”稼げる腕”を磨いていけます。

  • 力になれるひとりであるために。

    社員ひとりひとりが取り組む活動は、100回、200回、300回と、日々、繰り返すことが大切。
    そうすることで共有すべき価値観がすみずみまで浸透し、まわりとの連携もますます深まって、
    社員満足とお客様満足に直結する思考・行動ができるようになるのです。

    環境整備

    毎朝、始業前の15分間、会社と現場で清掃をおこなっています。
    きれいに整理整頓された環境は気持ちがいいことにくわえ、業務を効率よくすすめられます。また、仕事にはつきものといえる、イヤなことや面倒なことを受けいれたり、決められたことを守る訓練でもあり、社員満足と顧客満足を達成していくための根幹的な活動となっています。

    早朝勉強会

    毎朝6時50分から45分間、経営計画への理解を深めたり、さらなるお客様満足を追求する、早朝勉強会をおこなっています。
    この勉強会は年間200回おこなわれ、多い社員は80回、少ない社員でも40回出席。
    なお、50回出席で1万円分の図書券が、100回出席で4万円分の商品券がもらえるというご褒美もあります。

    ボイスメール

    こんなことがうれしかった、こんなことを頑張った、こんなことで失敗したなど、メッセージを吹きこめば、それに対する声の手紙が社員全員から届きます。
    たくさんの人のあたたかな想いを、文字ではなく音声で受けとることで、より大きな笑顔と元気がもらえたり、仲間を大切にする気持ちが生まれます。

  • どんなときも全社一丸であるために。

    社員同士のコミュニケーションをはかる活動は、様々な場所、様々なスタイルで実施。
    意見を交換したり、想いを伝える機会を積極的にもつことで、会社がひとつにまとまり、
    ピンチもチャンスに変えながら、価値ある仕事がしていけるのです。

    作業日報

    工事担当者は毎日、お客様からの要望や協力会社の業務状況を明記した作業日報を提出します。
    社長はそのひとつひとつに目を通し、指示やアドバイス、ときには激励の言葉を赤字で書きこみ返却。
    それぞれの現場がいまどうなっているかをつねに気にかけることで、完成度が高く進行も円滑な工事の遂行をサポートします。

    IT活用

    日々の様々な業務にITを積極的に活用しています。IPカメラやスカイプをつかって本社と現場で会議をしたり、グループウェアをつかって工事の進捗状況や社員全員のスケジュールを共有。「スコップとパソコンをつかえる社員の育成」を合言葉にしたこの取り組みは高く評価され、平成18年には経済産業省のIT経営最優秀賞を受賞しました。

    飲みニケーション

    年間80回、社長も参加する飲み会をひらいています。
    おいしいお酒と料理を楽しみながらざっくばらんに話をすることで、お互いに対する理解を深めたり信頼感を醸成するほか、ふだんはなかなか引きだせない本音や要望を引きだして、よりよい人間関係や組織を構築するのに役立てています。

高卒採用

来春高校を卒業の皆様へ!男女合計30名大量採用!!
小田島組で働きながらキャリアアップしませんか?

大卒・短大卒・専門卒採用

まずは、社会人として大切なことを小田島で学んでみなせんか?
学べる環境を整えることに小田島組は一生懸命です。

中途採用

まだまだ挑戦したいという30代・40代のあなた。
目指す高みへの第一歩を、ぜひ、小田島組で踏みだしてください。

CHECK!! 職業選択の参考になると大好評!!

2018卒業予定の方 マイナビ2018 学生のための就職情報サイト

小田島組が大切にしていること。小田島組が大切にしていること。

小田島組の大切にしている宝物をオダピンみずから紹介します。