株式会社小田島組 株式会社小田島組

Recruit
採用情報

大切にしていること

Communication

コミュニケーションを
大切にしています

Education

社員を大事にし
教育しています

Change

時代にあわせて
変化しています

Take care of yourself

自分自身を
大事にする人

コミュニケーションを
大切にしています

仕事があわなかった。残業がたくさんあった。給料がよくなかった。
会社を辞める理由はいろいろありますが、わたしたちがとくに大きな理由になっていると考えるのがコミュニケーションの問題です。
例えば、好きなサッカーを苦手な人とやることと、苦手な野球を好きな人とやること。長続きするのはおそらく後者でしょう。なぜならそこには励ましあいや喜びあいがあるからです。
これは会社も同じ。好きな仲間に囲まれて、いいコミュニケーションが生まれれば、楽しくなるとともに頑張れるようになります。さらには、長く勤められるようにもなるため、わたしたちはいいコミュニケーションがいくつも生まれるしくみをつくっています。

評価面談

社員と上司が毎月1回、定期的に面談をして目標を統合します。部下は自分で言うことによって、行動が変わってきます。

社長へのスピーチ

社長に直接話をする場が設けられています。日頃、感じていることを伝えることで、問題が早く解決することもあります。

情報共有

週報、メーリングリスト、ボイスメールなどのツールを活用し、社長と社員および社員同士が情報を共有できるようにしています。

チーム活動

さまざまな業務や活動をチームごとにおこない、仕事に新たな発見やすぐれた結果をもたらせるようにしています。

飲みニケーション

おいしいお酒と料理を楽しみながらいろいろな話をし、お互いに対する理解を深めてよりよい人間関係を築いています。

社員を大事にし
教育しています

社員の成長は会社の成長です。
だからこそわたしたちは社員教育に力をいれています。
経営計画の習得、業務の見える化、社内外研修への参加といった様々な内容を、最大限の手間と時間、くわえて、1人あたり相当の経費をかけておこない、社員の能力を向上するとともに意識を統一しています。結果、それは「お客様から愛される社員の育成」につながっていきます。
「お客様から愛される」ことは、一生涯の財産になります。

経営計画書で社員全員の
意識を統一

経営計画書には小田島組の今期の経営計画および経営方針を明記してあります。その一言一句をしっかりと覚えこむことで、社員全員の意識が統一されるとともに、上司から部下への指導も統一されます。経営計画および経営方針は、お客様からお褒めいただいたこと、お叱りいただいたことをもとに、毎年改定しています。

見える化で業務意欲や
業務効率を向上

スケジュール、仕事のやり方、各部署の業績などを各種文書に表示したり壁に掲示しています。
図、表、写真もつかいながら、つねにわかりやすく、ときにユニークに表現し、社員や業務にかかわる様々な情報を目で見て確認できるようにすることで、モチベーションの向上や業務の迅速化・効率化をはかっています。

人としての成長が得られる
教育カリキュラム

オリジナルプログラムをつかった社内研修のほか、コンサルティング実践塾に参加する外部研修をおこなっています。研修を受けられる機会は社員全員平等。ひとりひとりのスキルにあわせてレベルアップがはかれ、その人とその家族に幸せをもたらす“稼げる腕”を磨いていけます。人として成長していくことを目指しています。

時代にあわせて
変化しています

長時間労働の削減にワーク・ライフ・バランスの達成と、大きな転換点にさしかかりつつある日本の労働環境にあわせて、わたしたちも積極的な取り組みをはじめています。
残業をしない・させない風土を醸成するとともに、それをより確実なものとするため、効率的に働けるシステムを導入。
高品質な業務を短時間で完了できたことをなにより評価し、ひとりひとりの社員が仕事も生活も充実した豊かな人生を歩んでいけるようにしています。

残業しない・させない風土

残業が少ない社員は高く評価し賞与に反映するなど、長時間働くことより短時間集中して働くことを重視しています。その結果、1人あたり1ヶ月の平均残業時間を約2時間にまで削減できるようになりました。

業務のIT化

出退勤の時刻や作業の進捗を社長と共有し指摘・助言をあおぐ日報管理システムと、すべきことの実施状況を社員全員で共有し、競争と協力を促進するタスク管理システムを導入し、業務の高効率化と高品質化に役立てています。

業務の機械化

2人でおこなう測量業務を1人でおこなえるようにする自動追尾測量機と、3次元図面データを読みこみ高度や勾配をオペレーターに知らせるマシンガイダンスを導入し、業務の省力化と迅速化に役立てています。

自分自身を
大事にする人

勉強も、勉強以外のことも、頑張ってこなかった。でも、10年後には、同級生でいちばん高い給料をとっていたい。わたしたちはそんな人材を求めています。
なぜなら、そのひとには過去よりも未来を重視する思考があり、ほどほどの人生でいいという妥協がないからです。こうなりたいという強い願望があればおのずと、おそれずにまずはやってみる行動力と、あきらめずに取り組みつづける努力が生まれます。
小田島組には、施工、管理、工務補助、営業、総務、広報と多数の職種があるほか、女性の活躍もどんどん進んでおり、ひとりひとりの夢にこたえる環境がととのっています。「我こそは!」というかたはぜひご応募ください。わたしたちと一緒になりたい自分を実現しましょう。